2006年05月

2006/05/07

ネット広告。

GWに、この本を読破しました。

ザ・サーチ グーグルが世界を変えた

「ネット広告ってなんだろう?」と、思うてしまう自分発見。

いま、95%以上の人々が、あたりまえのようにWindows IE6から
アクセスしているのと同じように、
ほとんどの人々が、GoogleやYahoo!をスタートページに設定して、
お気に入りなんて誰も使わなくて、
そこには自分の見たいコンテンツがずらっと並んでたら?
これまでのように検索ベースじゃなくて。プッシュされとるわけどす。
そこで目立つために企業が広告費を払っていたら?

もちろん俺がアクセスしたら、三軒茶屋に一人暮らし25歳男性サラリーマン年収想定○万円でIT全般に詳しくて生物オタクでインテリアや服にはそこそこ金を出す人で平日は夜23時前に帰ってくることはほぼ無く休日はそこそこ外出して、、といったプロファイリングに基づいたおすすめサイトが。

俺のケータイで「昼食」と検索したら、三茶で、俺の好みであろう、予算内であろう店が、地図付きで表示されたら。

個人情報と、圧倒的な利便性、人々はどちらを取る?

こうなると、従来型のネット広告、アナタ、このスペース、この期間、いくら、はテレビ的な使い方しかできないのではなかろうかと。

そんなゴールデンウィークでした