2007/06/11

[映画]アマデウス/Amadeus3

アマデウス

★★★☆☆
”革命児”モーツァルトの生涯を、”旧来の音楽家”サリエリの視点から描く。

きっとモーツァルトはこんな人だったんだろうなぁ。相当な変人だ。数々の逸話、そして”モーツァルト以前”とは明らかに断絶した華麗なる音楽。地位・名誉・財力すべてを手にしても一生バカを続けてしまう性。

サリエリ視点なのが興味深い。革命児の圧倒的なパワーに感嘆しつつも排除に向かわざるを得ない保守派の苦しさ。今も昔も変わらず繰り返されるこのサイクル。革命を起こすのは常に変人で、現代で言えばスティーブ・ジョブズや、あの会社の創業者達かもしれない。

さて、自分が保守派に立たされた場合、どうすべきか?そんなことばかり考えてしまいました。