2008/12/21

Delaware, a small new wave.



懐かしすぎる。あのDelawareが、なんと楽曲をiPhoneのアプリとして公開。iTunesでの配信じゃなくて、アプリで。これにはびっくり。まずは↑のデモを見るべし。

アプリ状のレコードをぐりぐりやると、DJ風にぐりぐりと。ニクいのが、A面とB面のチェンジが、iPhoneを裏返す動作で行うってとこ。たまらん。

まぁほとんどの方がDelawareを知らないと思うので一応説明しとくと、音楽的にはNEW WAVEとカテゴライズされることが多いであろう、結構歴史の古いユニットであり、俺は大学生の頃にNEW WAVEにドハマリしてたので、たまに聴いてましたですね。さらにNEW WAVEって何よって言われると説明もめんどいので端折ると、パンクにぶっ壊しつつシンセ、以上。

ライブパフォーマンスや衣装が奇抜なNEW WAVE系の中でもへんてこさの際立ってたDelaware。当時のホームページが衝撃的でしたですね。なんかゲームみたいな感じだった気がして、当時Web制作少年だった俺は結構まねした記憶が。

まぁ当時からもそうなんだけども、Delawareの音楽は聴いてて気持ちの良いものではないんだけど、今回のアプリにはやられました。参った。にしても、もうPOLYSICSくらいしか残ってないなぁ。当時のメンツは。つってもPOLYは早々にNEW WAVEじゃなくなってたけど。

Delawareを聴いておっつって思った人はPlasticsがオススメ。
FOREVER PLASTICOFOREVER PLASTICO
アーティスト:Plastics
販売元:ビクターエンタテインメント
発売日:1993-11-21
おすすめ度:5.0
クチコミを見る
ちょうど俺が産まれる頃くらいに活躍してたひとたち。ほとんどのメンバーは音楽が本業ではなくて、デザイナーだったりっていう適当さと、適当な楽曲がステキング。その中の一人、佐久間正英氏はのちにジュディマリやGLAYをプロデュースして大成するのがまたおもしろいとこ。今でいうとヤスタカ氏と佐藤可士和氏と箭内さんとクドカンがバンドやるみたいな。羞恥心とかも嫌いじゃないんだけど、退化よりは前のめりにブチ切れる方が進化を産む気がしとるわけで。



この記事へのコメント

1. Posted by www.trompe-oeil.fr   2014/09/15 08:32
Amazing YouTube videos posted at this website, I am going to subscribe for on a regular basis updates, as I don’t wish for to miss this series.