2009/05/27

Google Ad Plannerで重要なのはComp Indexだと思います

Google Ad Planner

Google Ad Planner(アドプランナー)で“あのサイトのPVやUU”を調べてみよう!(Web担解説記事)

Googleのサイト視聴率データ&メディアプランニングツールであるGoogle Ad Planner、昔は日本データはひどくて使い物にならなかったんですが、アップデートされました。で、なにかと話題になってますが、なんとも哀しき重箱な議論が展開されており。値の違いやボットのカウントなんて話はモニタ数やスタッフリソースの気合いの入れ具合で解決する問題なので、本腰を入れてない現時点で議論してもなぁ。。(というか、ログを見る人間ならわかると思いますが、世の中に"正確なデータ"など存在しない)

で、重要なのは広告代理店のメディアプランニング業務は"Comp Index"という項目を使うだけで、経験と勘よりも正確なプランニングがデータに基づいてできてしまい、いずれAdWordsのプレースメントターゲットとつながるって所だしょう。Comp Indexとは、つまりはどんだけその対象サイトがネット全体と比べて乖離してるかっていう指標。自サイトや、自サイトと似ている大きなサイトを投入して実行すると、ポンと答えが出るわけです。大型サイトは代理店の扱いなので、それ以外が重要。

サイト指定の、いわゆる"アドマーケットプレイス"は、この機能があってこそ成立する。単なるサイト分類とかデモグラ数値とか、まったく意味ないし。さらにUVの推測値が違ってたってたいした問題じゃないわけで。ぶっちゃけどうでもいいことでしょう。ヒトに納得性を与えるだけの、Googleらしからぬ材料なのですから

今は最小単位がドメインなので使い物にならないけど、これがサブドメインやAdSenseグループやディレクトリ、ブログのID単位になってくると・・・2001年宇宙の旅でいうところのモノリスとの遭遇ですね、ボーマン船長。

Stop, Dave. I'm... afraid. Daisy... Daisy...