2009/09/16

Adobeがオムニチュア買収

新幹線に乗っているわけですが、新政権発足ものりピーもどうでもよくなるとんでもないニュースが。

Adobe to Acquire Omniture
Adobe to acquire Omniture in a transaction valued at approximately $1.8 billion on a fully diluted equity-value basis.

なんと、アクセス解析のサイトカタリストをはじめとするウェブサイト最適化サービスを提供するオムニチュア(Omniture)が、Photoshop, Illustrator, Flash, PDFでおなじみAdobeに買収されると。個人的に、ここのところ仮想敵を勝手にオムニチュアにしていただけに衝撃。

離婚するのがわかっている芸能人の結婚ような、かわいくてモテていたあの娘が自称プロサーファーとデキ婚した知らせを聞いたような、なんかそんな気分ですね。(知らねぇって)

広告会社でもなく(以前WPPの資本入れたよな?)、アドサーバやアドネットワーク事業者でもなく、IBMやOracleのようなDB・DWHベンダーでもなく、SIerでもなく、なぜにAdobe?きっとどこにも縛られないオープン性を考えてそうなったと思うんだけど、どう考えてもシナジー無いよな。オムニチュアのサービスはサイト制作・管理とは独立して稼動する仕組みになっている。

デパートに例えるなら、オムニチュアは俺がデパートに入ったら1Fに俺好みのテナントが自動的に入るようにするもの(もしくはうまい導線を発見するもの)。Adobeのソフトウェアが手がけるサイト制作・管理は、その建造物をどう作って維持するかっていう話。その2者を統合してデベロッパみたいにさせたいと。仮に閲覧ユーザーごとに建物の構造自体がぐちゃっと作り変わるようなことが実現すれば、唯一無二の存在ではあるけど、そんなものは別に効果的ではない(だろう)わけで。

ビジネスモデルもソフトウェア販売とコンサルコミコミでは全然違うしチャネルも違う。コンサル無ければ無料で使えるGoogle AnalyticsやOptimizerの方が簡単だし。

アドサーバを提供するGoogleやMSとくっつくと嫌だなぁと思ってたので、なんというか安堵感。お疲れオムニ。GoLiveやLiveMotionみたいな出来の悪いソフトを作って(ああ俺は元ユーザーですよ)、結局追いつけなかったからMacromediaごと買っちゃうみたいなAdobeの経営陣は優れているとは思えないし。IBMのSPSS買収以上に衝撃的な、我的2009年最大ニュースになりそうです。

Lift(改善度)を生業とする最適化サービスは儲からないって話をちょうど書こうと思ってたのだけど、びっくり。

つか、新幹線でPC使ってたら吐き気が。