2020/12/31

『転』

9月末が締めの当社にとって、年末はステークホルダーのみなさまやメンバーに対して振り返りと展望についてコミュニケーションする機会がなにかと多く、若干振り返り疲れがあるものの、未来の自分への手紙として、歴史として、記しておくことにしよう。

リアル店舗を運営されるお客様に対してIDFAなどの識別子をもとに広告配信事業を行う私たちにとって、2020年という年は二発の巨大隕石が衝突したような年でした。

一発目の隕石は、もちろん新型コロナウィルスの感染拡大です。ネット広告業界の多くは、ゲームやECなどの新型コロナの影響を受けない、むしろ恩恵を受ける会社も多くあったことと思います。しかし、私たちの事業は、何らかの店舗・教室・物件などのリアル世界で事業を営んでいらっしゃる方々がリアルの集客を支援するための広告であったため、広告の取り止めが相次ぎました。

二発目の隕石は、Apple社によるIDFAオプトイン化です。私たちはApple社の意思決定の遥か以前から、独自にTCFに準拠したCMPを開発し、明確なオプトインデータのみに切り替える意思決定を行い、いざ行かんとしたタイミングで、これである。悪貨は良貨を駆逐する。ルールを守らないプレーヤーを排除するためにはゲームそのものを終わらせるしかないと神は判断された。努力が無に帰すという言葉が、これ程にあてはまる出来事を私は知らない。

アドテクというカンブリア紀が、巨人らによって2021年には終末を迎えることになる。後から振り返れば、突然変異のようなエッジの効いた3rd partyのベンダーが次々と現れて巨人と連携し、在るものは自らがマネーゲームの対象となっていた世界は、一種異様な世紀だったのかもしれない。

ただ、2020年にも良いことがありました。世界に強制アップデートがかかることに翻弄される人生、嫌いじゃない。むしろ、燃えるタイプといっていい。もし自分が関ケ原の時代に小さな小さな大名だったとしたら、戦局を見極めて戦功をあげる自信はある。

非アドテク事業として2020年7月から着手したミニアプリSaaS事業は、みるみる形になってきた。はじまりこそ私の「えいや!」で始めたものの、ネット業界未経験で入ったメンバーたちが、広告事業での成長経験をもとに「あー、次これっすよね。はいはい、やっときます。」といった感じで、具体的に指示しなくても動いてくれるようになっていて、心底嬉しく思った(不器用なので言葉に出せないのだけれど)。ミニアプリは読み通り、ビッグウェーブが来てる。DSPが来る前もこんな雰囲気だったよ。

2020年を漢字で表すなら「転」。起承転結の「転」。創業当初からの事業を計画通りに成長させてはきたけれど、そのままゴールしても面白くないよね。おもしろいドラマには必ず「転」がある。「転」は自分では起こしづらい。なぜなら、「転」は痛みを伴うから。外部からぶん殴られないと、人間なかなか動けない。2020年にぶん殴ってくれたコロナ君とリンゴ君、感謝するよ。少々視野が狭くなってしまっていたけれど、私たちが解決すべきお店のソリューションは集客以外にもまだまだある。それをDXと呼ぶのかノーコードと呼ぶのかは関係ない。お店をスマートにするお手伝いをしていこうじゃないか、2021年。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加